絵で見るベッド管理



病棟のベッド配置を自由に画面上で作れ、また、患者さんを自由に
移動させてみることができます。また、患者さんの情報や、
医療設備の情報も瞬時に画面で確認できるシステムです。
操作が簡単なので、スタッフ全員にもお使いいただけます。
Web
版としてGIS社から、本格的な病床管理システムとして発売しています。
新機能として、日付を指定すれば、その時に入院されていた患者さんの配置が瞬時に表示され
後日の追跡が瞬時にでき、感染症対策にも威力を発揮します。また、予約待ちの管理も充実しています。

詳しくは(株)GISを参照してください


GIS
社の患者情報と、当社の勤務表作成システムの勤怠情報を組み合わせることにより
病棟管理日誌・看護管理日誌が作成できます。

 

1.

病室の位置やベッドの配置場所を設定でき、・壁などが自由に描けるのであたなの病棟をそのまま画面に再現できます。

2.

どの病室に入院させるか、それに伴って患者さんの移動やベッドの移動はどうすのかを、簡単に画面上でシミュレーションできます。

3.

ベッドの種類、病室の設備などがひと目で確認できるので、ベッド配置や毎日の準備作業が簡単にできます。

4.

患者さんの基本的な情報も目で確認でき、対応がスピーディーになります。

5.

入院から退院まで、その間の病室移動、外泊期間、感染症の期間などの入院中の履歴が記録・表示されます。

6.

主治医は患者さんの氏名の色分けで区別し、受け持ち看護婦名も患者ごとに表示されます

7.

画面に自由に文字や記号が書き込めるので、病室の補足説明や、患者に関する伝言板にも使えます

8.

患者の詳細情報を、自由にメモできたり、NANDAの分類項目を選択して記録することができます

 

 
 
 
従って、入退院時の手続きで、多くの書類を参照する手間を省き、また毎日の看護をするうえでの必要な多くの情報を、一つの画面で確認でき事務処理時間を節約できます。また、占床率の向上のための使い方もできるシステムです。
 

 

管理できる項目

・入院室番号とベッド番号(位置)
・ベッドの種類(電動・特殊・ハイアンドロウ・有料の場合の費用など)
・ベッドの稼動情報(病室移動・空床・予約・外泊中・他科で治療中)
・病室設備(酸素・吸引・圧縮空気・心電図モニター・TVモニターなど)
・患者情報(氏名・性別などの基本情報・病室の移動履歴・感染症情報・NANDA看護分類・患者メモなど)
・その他(主治医・受持看護婦・看護度・看護必要度など)
・その病室(ベッド番号別)に滞在した日数を自動計算します
・入院中の状態(入院日数・外泊日数・感染症の期間日数)を自動計算します